スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライアーワークショップにて

 5月29日(土)、30日(日)の2日間、奈良県生駒山で行われましたレーマンライアー製作者アンドレアス・レーマン氏の「癒しの音ワークショップ」に行ってきました。初めてのライアー体験でしたのに、お会いした方とは初めての感じがまったくしませんでした。

 天候に恵まれ・・・たばかりでなく、祝福されたかのような自然現象に出迎えられたのでした。この時点で、皆さん、もう他人ではございません。

到着して間もなく(10:30頃)
空を眺めておりますと、虹色が広がっていきます。彩雲というらしいです。皆さん、ウッドデッキで大感激。
彩雲1


彩雲2



遅めのランチのあと、ウッドデッキでロルフィングの呼吸法。龍の鱗のような雲の下で。
ロルフィングの呼吸法


雲1


16:00過ぎ 龍のような雲が次々と現れます。
雲2



ライアー。
ライアー



十六夜。お泊りの皆さんで待っておりましたら、真っ赤な月が出ました。またもや、大感激。
最初は、遠くで何か燃えているのかと思ったほどです。
十六夜



明けて朝日。6:10頃。
朝日



快晴。時々、まあるいのが映ります。これ何ですか?
まあるいの



虹色の光が降り注ぎます。
光2


光1



会場オーナーのカルサ・サダ・アナンド氏(左)とアンドレアス・レーマン氏(右)
ライアーもベジタリアン料理もティーも存分に楽しみました。ありがとうございました。
アンドレアス


ティー

 

コメント

ほんとにすばらしい生駒WSでした。

うつくしい虹 雲 木々 空  風

そしてライアーたちの写真を見るとぐっときてしまいます。

レーマンさんは、このライアーをみんなにところにもたらすために

やってきてくれた方ですね!

本当に素晴らしいご縁でした

E.Nさま

 コメント、ありがとうございました。まさか、このブログにコメントが寄せられるとは思いませんでした。このブログ、「拍手」もないでしょ。「拍手」は手でするもの、コメント欄はいらないんじゃないか、トラックバックって何?状態で約3週間前に生まれて初めて手がけた、まさに原始人ブログです。でも、コメント欄があって良かった。

 クニェ講習会のご案内が目的のブログで、さらにブログ&HPの技能がゼロでしたので、練習を兼ねて写真をアップしてみました。写真撮影にはものずごく自信があり、ません。以前、専門の方から、「はは、3分の1、ピント抜け」と優しく言われました。何となくショック。ピントが抜ける、どういう意味?と今も分からないほど、私はカメラ音痴です。パソコンも。カラオケも。

 しかし、生駒は素晴らしかった!ライアーも参加者もレーマン氏もアナンド氏も二宮さんも龍神さまも自然も。生駒がこんな私にそこそこ撮らせて下さいましたようなものです。ライアーの写真は、夕食前に西日が差す中、光の加減が極端だなぁと思いながらただ1枚撮ったものです。本当にライアーの写真はこの1枚だけ。これしか載せるものがなかったのです。が、きっとE.Nさまが命を吹き込んで下さったのですよ、確かにグッときます。自分で言うのも変ですが。技術はまったくございませんが、一人一人の歩みを乗せて運ぶライアーの姿を・・・自画自賛しすぎですね。

 是非ライアーを習いたいです。

 この度は、素敵なご縁をいただき、本当にありがとうございました。
また、お会いできる日を楽しみにしております。


Secre

Chag-phe nang
プロフィール

チベットさん

Author:チベットさん

タシデレ。こちらは、
国際伝統チベット医学研究院日本支部
(略称「IATTM JAPAN」)です。
「IATTM JAPAN」 活動の経過

お申込み・お問合せ
「クニェ集中コース」後援
国際協力NGO チベット・スノーライオン 友愛会&日本カム基金

(事務局京都チベットレストランRangzen内)

GBLホリスティック研究所 Apaiser

京都チベット医学研究会
Special Thanks
リンク
We hope to see more of you
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。